初めての方から経験者まで楽しめるFX[外国為替証拠金取引] 「くにやす・FX」


FXの人気はいまだに衰えないどころか、沢山の参考書やネットでも情報が氾濫しています。


FX-Bridge外国為替証拠金取引
は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合があります。

また、お客様がお預けになった証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、証拠金以上の損失が出る可能性があります。

1万通貨単位の片道手数料はインターネット取引の場合、100円( お電話によるご注文は片道 200 円)となります。

取引に必要な証拠金は全通貨ペア共通、わくわく100の場合、1万通貨単位あたり1万円で(ゆうゆう20の場合、1万通貨単位あたり5万円)、証拠金の最大約200倍までの取引が可能です。

各通貨の売付価格と買付価格との間には差額(スプレッド)があります。

スワップポイントは各通貨ペアの保有するポジションごとによって、プラスの場合もありますが、マイナスの場合もあります。

取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任でお願い致します。

8月29日(金)まで、無料出張サポートキャンペーン中です。

スワップ取
スワップ取引の代表としては、同じ通貨の固定金利と変動金利を交換する、金利スワップや異なる通貨の債権や債務を交換する通貨スワップなどがあります。


くにやす・FX新規口座開設キャンペーン


西村豪庸FXスクール(西村豪庸FXトレーダー養成プロジェクト)


*この情報は、FXでお金を稼ぎたいと真剣にお考えの方限定の情報です


なぜ、95%がFXで損失を出す中で、西村豪庸や彼の生徒だけは
FXで勝ち続けることができるのか?


インターネットに飛び交う嘘や誇大広告だらけのFXノウハウに嫌気が差し、

今回、あなたに“正しい”FXノウハウを


伝授する、“西村豪庸FXトレーダー養成プロジェクト”を
始めることに決めました…

>>、“西村豪庸FXトレーダー養成プロジェクト

“FXでお金を稼ぐことは難しい・・・”
 ================================

ここ半年、FXに取り組む多くの方々から、
こうした言葉を聞く機会が増えました。


しかし、この言葉は真実でしょうか?


確かに、外貨にお金を替えておけば儲かるという時代は終焉しました。


しかし、西村豪庸や彼の生徒達は、今までどおりの、
いえ、月によっては今まで以上に投資でお金を増やし続けているのです。

なぜ同じFXに取り組みながらも、こうした違いが起こるのか?

一言でいって、それは、“正しい”FX投資のノウハウを
知っているどうかによるものです。


正しいFX投資のノウハウを知っているかどうか、
ただそれだけのことで同じように外貨取引を行っていながら、
結果に大きな違いが出てしまうのです。


そこで、今回、業界健全化のため、本当に勝ち続けられる
FX投資のノウハウを知りたいという方のために、
西村豪庸がこれまで培ってきた“正しい”のFXノウハウを
すべてあなたに伝授する“西村豪庸FXトレーダー養成プロジェクト”
を始めることに決めました。


ただし、このプロジェクトは、

「時間」、「講師」、「場所」
============================

などの制限があるため、
ご希望頂いた全員に参加いただくことは出来ません!

そこで、25名という人数制限を設けさせていただき、
その方だけに私の投資ノウハウをすべて伝授することに致しました。


もし、あなたが投資で5億稼いだ西村豪庸の“正しい”
FXノウハウを自分のものにしたいと思われるなら、
今すぐ下記のリンクをクリックしてください。

>>、“西村豪庸FXトレーダー養成プロジェクト
【25名限定】


西村豪庸FXトレーダー養成プロジェクトとはどのようなものなのか?
今すぐ、その詳しい内容を見てください!

トップダウンアプローチ


トップダウンアプローチ:マクロ経済を分析して、対象の国が儲かるか、株や債権の投資割合はどうしたらいいかなど、国、資産、種別に配分を決めて個別銘柄を選別する手法です。

投資信託の運用


パッシブ運用日経平均株価東証株価指数などを運用の基準(ベンチマーク)にして、この基準の値動きを目指す運用をします。

市場平均に連動して収益を上げる運用をします。

アクティブ運用:ベンチマークを上回る収益を目指して運用します。


株式投資信託と公社債投資信託の違い


株式投資信託:株式を運用対象にしますが、組み入れなくても株式投資信託となります。
実際に組み入れているいないかは関係ありません。
公社債投資信託:株式を一切組み入れないで運用します。

日本の投資信託


投資信託には、会社型の投資信託と、信託契約に基づいて運営されている契約型があります。

会社型は、不動産で運用するファンドとして利用され、契約型は株式や債券で運用あれるファンドです。

投資信託


株式投資をする人が、投資信託に興味、関心を持つ人も多いですね。

投資信託とは、多くの投資家からお金を集めて、専門家が管理、運用して利益を挙げて、投資家に還元する金融商品です。

1万円以上1年単位でも沢山の人が出し合うので結果、大きな金額となります。

投資信託は資金は、販売(証券会社)、運用(委託者・投資信託会社)、保管・管理(受託者・信託銀行)と、それぞれの専門機関が役割分担して運営します。

年平均利回り


預け入れ3年以上のスーパー定期、3年、4年のニュー定期、ビッグ、ワイド、定額預金などは、年平均利回りで表示されています。

年平均利回りとは、一定期間に得られる利息や収益を1年間当たりでは幾らになるか計算し、それを元本で割ったものです。

複利商品の場合、利率より年平均利回りのほうが必ず数字が大きくなるので、金融機関は利率表示より年平均利回りで表示したほうが目立つので、年平均利回り表示をするのです。

単利と複利


単利:預け入れた元本に対してのみ利息を計算。
年利率3%の単利商品に10万円預けた場合
1年目:10万円×3%=3000円
2年目も10万円×3%=3000円
3年目も3000円
1年目の元利合計は103000円、2年後は106000円、3年後は109000円という増え方になります。

複利:利息を元本に加えて、それを新たな元本として利息を計算。
1年目:10万円×3%=3000円
2年目は、元本10万円+1年目の利息3000円=103000円×3%=3090円
3年目は103000円+3090円=106090円×3%=3182,7円
3年後の元利合計は109272,7円

日本銀行の金融政策とは


金融政策」とは、簡単に説明するならば世の中に出回るお金の調整と言えます。

マネーサプライ(資金量)などに影響を与える政策の事です。

公定歩合
日本銀行が民間の金融機関に貸し出す際の金利です。
公定歩合を引き上げると金利上昇
公定歩合を引き下げると金利低下


支払い準備率
銀行が預金の支払いに備えて預金残高の一定分を日本銀行に無利子で預けておかなくてはいけなく、その割合を言います。
法定準備率が引き上げられると金利上昇
法定準備率が引き下げられると金利低下


公開市場調査
売りオペレーション」:日本銀行が保有する債権を民間金融機関に売却する事。
これによって、市場にあるお金が日本銀行に吸い上げられるので、マネーサプライが低下します。
売りオペレーションによって金利上昇
買いオペレーション」:日本銀行が民間金融機関が保有する債権を買い上げる事。
マネーサプライが増えます。
買いオペレーションによって金利低下

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。